一回目 http://kawaguchisaiwai.seocycle.biz/recommend/road-cross/panasonic-frcc01 ①.html

二回目 http://kawaguchisaiwai.seocycle.biz/recommend/panasonic-frcc01 ②.html

三回目 http://kawaguchisaiwai.seocycle.biz/recommend/panasonic-frcc01 ③.html

今回は四回目!

とりあえず付けただけのブレーキレバーの左右の高さをそろえていきます。

途中の作業は写真を撮っていませんが、

レーザー墨出し器を使ったり、水平器を使ったりして左右ピッタリに合わせます。

恐らくピッタリのはずです。

レバーの位置が決まるとそれに合わせてワイヤーの長さをカットしていきます。

ワイヤーが長すぎると見た目が悪いのでカットした方が良いと思います。

ただ普通にカットすると切断面が整っていないので、

こちらのベルトディスクサンダーを使って切断面を整えてあげます。

こんな感じです。

この作業をすることでブレーキの感触がだいぶ良くなります。

シフトワイヤーも同様の作業を行います。

長さを合わせたワイヤーはハンドルから

ヘッドチューブ

シートチューブと沿わせてブレーキまで組み付けていきます。

組み立てに使っているワイヤーには本来注油は不要なのですが、

念のために防錆スプレーを吹き付けてあげます。

このスプレーのお陰でもっと動きがスルスル行くようになります。

前ブレーキ、変速機なども同様の作業です。

今回はここまでです。

次回で最終回です!

池田